投資・運用コロナで急変 世界経済入門

世界経済を読む プロが重視する三つの指標 米中の景気をいち早く反映=永浜利広

景気の先行きを知る上で企業の景況感の指標が欠かせない(米国の製造現場)
景気の先行きを知る上で企業の景況感の指標が欠かせない(米国の製造現場)

 ◆中国購買担当者指数(PMI) 「中国の景気の先行きを最も早く映し出す」

 市場関係者が熱い視線を送る指標の一つに「中国購買担当者指数(PMI)」がある。毎月末日に当月分が発表され、購買担当者に「生産」「新規受注」「完成品在庫」などの項目に対して「良くなった」「悪くなった」「同じ」「分からない」の4段階でアンケートを取り、その回答を指数化する。PMIが50を超えると景気拡大、50未満だと景気悪化を示す。

 中国PMIは、景気に先行して動く「景気先行指標」である。世界経済の2割近くを占める経済大国となった中国を抜きに、世界経済は見通せない。いま市場が最も気にしているのが、世界経済が再びリスクオンになる時期だ。リスクオンへの転換は中国経済の回復がきっかけになると考える市場関係者は、中国の景気を最も早く反映するPMIに注目している。

残り2622文字(全文2989文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

3月28日号

東証再編1年 日本株の大逆襲18 大日本印刷、カナデン…… 本気出し始めた低PBR株 ■安藤 大介21 60年ぶり大改革の東証再編 「骨抜き」批判についに本腰 ■編集部23 スクリーニングで探す 株主還元が期待できそうな120銘柄26 プライム経過措置 適用企業の8割が基準未達 スタンダード移行の救 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事