国際・政治コロナで急変 世界経済入門

何が起きるか/9 米中貿易戦争 第1段階合意の実態は休戦 分断進む=今村卓

    第1段階の合意文書を持つトランプ米大統領(右)と中国の劉鶴副首相(Bloomberg)
    第1段階の合意文書を持つトランプ米大統領(右)と中国の劉鶴副首相(Bloomberg)

     2020年1月15日、米中両国が貿易交渉を巡る「第1段階の合意」に至り、経済・貿易協定に署名、2月14日に発効した。18年7月に米中の関税合戦が始まって以来、追加関税が引き下げられたのは初めてだ。しかし、この時点で既に、「合意は米中貿易戦争の一時休戦に過ぎない」「貿易以外の米中対立は今後も激しくなる」との厳しい見方が多かった。

     理由の一つは、合意の本質の乏しさだ。経済・貿易協定には、中国が米国からのモノとサービスの輸入を今後2年で2000億ドル増やすことや、中国による知的財産権の保護や技術移転の強要禁止、金融市場の開放、人民元安誘導の自制などが盛り込まれた。中国が米国の要求をかなり受け入れたように見える。

    残り1014文字(全文1321文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事