マーケット・金融コロナで急変 世界経済入門

何が起きるか/10 米国の成長率低下 ゼロ金利常態化が悪循環を生む=木内登英

    低金利は経済の潜在力を奪う(米ウォールストリートの地下鉄駅)(Bloomberg)
    低金利は経済の潜在力を奪う(米ウォールストリートの地下鉄駅)(Bloomberg)

     経済の潜在力が低下するとともにインフレ率も下振れ、超低金利環境の出口が見えなくなってしまう。そうした状況が、「日本化」と呼ばれる。欧州に続いて米国でも、「日本化」のリスクが意識されるようになってきた。

     きっかけとなったのは、新型コロナウイルス問題への対応策として、3月3日に米連邦準備制度理事会(FRB)が0.5%の大幅な利下げ(政策金利引き下げ)に踏み切ったことだ。

     市場の利下げ観測に先手を打つ形で突然実施されたこの緊急利下げは、むしろ世界の金融市場の混乱を強めてしまった。背景には、米国でゼロ近傍の金利環境が常態化してしまう、との懸念が浮上したことがあったと見られる。

    残り1071文字(全文1359文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット