マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む ネット隆盛、伝統産業衰退を加速=三宅一弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     新型コロナウイルスの世界的な大流行が深刻な株安の連鎖を招いている。特効薬がない新型コロナの感染拡大を抑制するには人の接触や移動を制限するしかない。これは工場の操業停止など世界的な生産供給体制を寸断させ、供給サイドに大打撃を与える。さらに需要サイドでは消費者の行動が制限され、外食、旅行、映画・演劇鑑賞などを取りやめ、観光や輸送業をはじめ、さまざまなサービス業に痛手をもたらす。

     コロナ抑制過程で景気や企業業績が急激に悪化し、資金繰り難、企業・個人の倒産・破綻の増加、信用収縮を招く懸念が高まる。解雇が行いやすい国々では失業者の急増など雇用・所得環境が急速に悪化するだろう。景気の深い谷が懸念されるわけだ。

    残り541文字(全文844文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット