マーケット・金融THE MARKET

NY市場 恐怖指数はリーマン以来の高水準=小林正和

     3月に入り新型コロナウイルスの感染拡大による景気や企業業績への懸念が高まり、米株式市場は歴史的な暴落に見舞われている。

     米ダウ工業株30種平均は3月16日に過去最大の下げ幅を記録。史上最高値を付けた2月12日からの下落率は一時3割を超える水準まで拡大した。また市場の不安心理を示すVIX指数(恐怖指数)は一時80を超え、金融危機以降で最高水準まで上昇。米連邦準備制度理事会(FRB)…

    残り288文字(全文480文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月9日号

    指標で先読み 米国経済14 消費者心理は底入れ 株の「先高」示唆か ■種市 房子18 ISM指数 企業景況感を速報 製造業不況 コロナ前に顕在化 ■馬渕 治好20 企業向け貸し出し 資金繰り需要を反映 政策後押し 30%増 ■丸山 義正21 PER(株価収益率) 株の割高感示す 企業利益2割上振れ期 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット