経済・企業

ノルウェーで「水素船」開発 脱炭素で環境投資呼び込む=野村宗訓

    世界初の水素フェリーは人や自動車を運ぶ Norled提供
    世界初の水素フェリーは人や自動車を運ぶ Norled提供

     船舶が排出するガスに含まれる硫黄酸化物(SOx)の規制が2020年1月に強化され、硫黄除去装置などを付けない限り既存の重油が使えなくなった。船舶業界で環境規制が強まるなか、欧州ではいち早く船舶の動力に電気やガスを組み合わせるハイブリッド化や、環境汚染物質を排出しない「ゼロエミッション」化が進められてきた。近年は水素を動力源にする船舶の建造に着手している。

     ノルウェー最大のフェリー会社Norled(ノルレッド)は21年に水素フェリーの導入を予定している。18年にノルウェー政府が、世界的な観光スポットとして有名な入り組んだ形の入り江が続く「フィヨルド」のある地域を26年までにゼロエミッション地区にする、との決定を受けた動きだ。

    残り997文字(全文1313文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事