法務・税務コロナ不況 残る会計士 消える税理士

企業不正調査 不祥事増で高まるニーズ 委員会設置は倍増=岡田英

    「ちょっとした『出来心』で不正を犯すのを防ぐ内部統制の仕組みを作っておくのは重要」と語る辻さちえさん
    「ちょっとした『出来心』で不正を犯すのを防ぐ内部統制の仕組みを作っておくのは重要」と語る辻さちえさん

     粉飾決算、架空取引、横領──。企業の不正会計が止まらない。今年1月には、2015年に不正会計が発覚した東芝で、子会社の架空取引が発覚した。東京商工リサーチの集計では、19年に不適切会計(処理ミスも含む)を開示した上場企業は前年比3割増の70社に及び、過去最多を更新した。それに伴い、不正会計の実態解明をする「不正調査」のニーズも急速に高まっている。

     税理士法人ファーサイトとデータ解析会社フロンテオの集計によると、不正会計に関する調査委員会の設置を開示したのは18年は45件、19年は46件で、17年の23件から倍増している(図)。中でも最も多いのが「粉飾決算」で、約6割を占めている。

    残り2063文字(全文2357文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット