法務・税務コロナ不況 残る会計士 消える税理士

「税理士の憂うつ」 相次ぐ「うっかりミス」 巨額賠償におびえる税理士=宮口貴志

    複数税率でさらにミスが増える?
    複数税率でさらにミスが増える?

     4年前、ある裁判の判決が会計事務所業界を震撼(しんかん)させた。相続税対策を相談した税理士法人が課税リスクの説明を怠って多額の税負担が生じたとして、元顧問先の不動産会社が税理士法人に約3億2900万円の損害賠償を求めた訴訟で、東京地裁が2016年5月、全額支払いを命じ、税理士法人が全面敗訴したのだ。

     判決によると、税理士法人は不動産会社前代表(故人)の相続税対策として、前代表が自らの会社に貸し付けていた約11億円の債権を株式化して資産を圧縮する手法(デット・エクイティ・スワップ、DES)を提案。一定の条件をクリアしていれば、節税効果が高いものの、クリアしていなければ会社に多額の法人所得(債務消滅益)が生じ、節税にならないことを説明せず、結果的に本来支払う必要がなかった法人税など約2億9000…

    残り822文字(全文1173文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット