法務・税務コロナ不況 残る会計士 消える税理士

4大監査法人インタビュー リアルタイム監査を試行 EY新日本監査法人 片倉正美理事長

     監査法人は人工知能(AI)をどう生かし、「新型コロナ不況」にどう対処するのか。4大法人に生き残り戦略を聞いた。

    (聞き手=岡田英/浜田健太郎・編集部)

    ── デジタル化やAIで監査はどう変わるか。

    ■昨年から監査先のIT企業1社で、財務・非財務のデータをリアルタイムに取り込む「継続的監査」を試験的に導入している。日本企業では初めての取り組みだ。全量データをAIを使って随時チェックしていくことで、異常を早く検知でき、対応も迅速に取ることができるようになる。従来のように四半期ごとの決算期末後に集中していた監査業務の負担が分散し、企業側の決算早期化のニーズにも応えられると思う。2023年までに導入を5社に増やしたい。

    ── 非財務のデータまで全て提供する企業は増えるか。

    残り1019文字(全文1352文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット