法務・税務コロナ不況 残る会計士 消える税理士

4大監査法人インタビュー 海外経験者の育成カギ あずさ監査法人 高波博之理事長

     監査法人は人工知能(AI)をどう生かし、「新型コロナ不況」にどう対処するのか。4大法人に生き残り戦略を聞いた。

    (聞き手=岡田英/浜田健太郎・編集部)

    ── AIやITをどう監査に生かすか。

    ■AIやIT技術を使った会計データの解析は、それだけで不正が分かるわけではないが、不正の「端緒」を探るには非常に有効だ。監査先の経営者の間でも、データ解析を使えば従来の監査対象以外の領域も含めてもっと網羅的に見られるのではという期待が高く、それには応えたい。

    残り940文字(全文1163文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット