投資・運用コロナ相場に勝つ日本株

プロ&個人投資家 コロナショックの投資戦略 割安株に好機到来 JT、丸全昭和運輸=栫井駿介

     企業の持つ「価値」よりも安い「価格」で売られている割安株(バリュー株)の長期投資が専門です。ポイントはただ単に割安感がある企業を買うのではなく、業績の安定性や競争力などで見て「いい企業」を買うこと。いい企業であれば、その「価値」はそうそう変わるものではありません。つまり、景気動向などで、価格が下がった場合は買い時になります。

     コロナショックによる下落相場は買い場です。バリュー投資の基本は長期投資。いい企業の株を持ち続けるというのが基本で、10年以上のスパンで考えます。長期投資では一時的に株が下がるということはあまり問題になりません。

    残り343文字(全文613文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月5日号

    安い日本 超円安時代16 外食、賃金、学費 安売り大国を覆う不安 ■浜田 健太郎/加藤 結花18 インタビュー 渡辺努 東京大学大学院教授 「物価上昇にカルテルの一時容認を」19 1ドル=360円時代 急増する対外直接投資と環流しない企業利益 ■佐々木 融22 パラダイム転換 1ドル=120円常態化 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事