投資・運用コロナ相場に勝つ日本株

プロ&個人投資家 コロナショックの投資戦略 月1回の買い増しを 注目はブロードリーフ=よっちゃん

     株式市場が非常に不安定な動きをする中で、虎の子の資金を使って短期的にもうけようとするのはリスクが大きすぎます。財務に余裕があり、配当や優待が良い銘柄をゆっくり買うというのが基本でしょう。

     私が実践した中で、株初心者にお勧めできるのは、長期で投資する3銘柄を選び、1カ月に1回、そのうちの1銘柄を買い増していく方法です。相場の「底」でつい買ってしまいたくなるものですが、いつが底か見極めることは困難。買い増しのタイミングを逃さず、高値で買ってしまうリスクを軽減するためにも、時期を分散して購入…

    残り370文字(全文616文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事