経済・企業コロナ相場に勝つ日本株

業種別 強い銘柄・弱い銘柄 (1)自動車・部品 世界販売は前年比14%減 トヨタと日産の格差鮮明=杉浦誠司

    自動車生産は需要急減に直面する(トヨタ自動車のインドネシア子会社エンジン工場)(Bloomberg)
    自動車生産は需要急減に直面する(トヨタ自動車のインドネシア子会社エンジン工場)(Bloomberg)

     <第2部 業種別 強い銘柄・弱い銘柄 総点検>

     新型コロナウイルスの感染拡大で、自動車業界では工場の操業停止が相次ぐなど、グローバルに先行き不透明感が高まっている。東海東京調査センターは、現時点の情報や想定を基に新車販売予想を修正した。2020年の世界新車総需要の予想は、昨年末時点で19年比2・8%増の9200万台を見込んでいたが、同14・3%減の7670万台に引き下げた(図)。予想の引き下げ幅は17%にもなる。

     世界最大の中国市場(乗用車)では、20年予想を同様に15%下方修正し、1880万台(同12・3%減)に見直した。08年のリーマン・ショック直後のように急回復する可能性もあるが、市場が成熟期の様相を帯びており、外需低迷で中国政府による経済対策の効果縮小が懸念される。ただ、電気自動車(EV)をはじめ新エネルギー車(NEV)販売は、補助金が増額されるのなら早期の復調もあろう。

    残り1358文字(全文1754文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット