経済・企業コロナ相場に勝つ日本株

業種別 強い銘柄・弱い銘柄 (2)小売り・外食 「ストレス耐性」で診断…=松岡真宏/山手剛人

    (注)HDはホールディングス。損益分岐点比率は各銘柄19年2月~12月期の通年決算に基づき試算。主力商品・サービスの所得弾力性は、総務省「家計調査年報」(19年)より試算 (出所)各社決算資料、総務省「家計調査年報」(19年)よりフロンティア・マネジメント試算
    (注)HDはホールディングス。損益分岐点比率は各銘柄19年2月~12月期の通年決算に基づき試算。主力商品・サービスの所得弾力性は、総務省「家計調査年報」(19年)より試算 (出所)各社決算資料、総務省「家計調査年報」(19年)よりフロンティア・マネジメント試算

     新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛などが広まり、小売り・外食も影響を受けている。しかし、ショックに対する影響度は一律ではなく、企業ごとに異なる。本稿では小売り・外食の銘柄を対象に、新型コロナ感染拡大に伴う景況悪化リスクに対して、企業がどの程度の耐性を持っているかという「ストレス耐性」を検証する。

     対象としたのは、小売りの時価総額上位20銘柄と外食の同10銘柄の計30銘柄(3月26日終値)。評価には、(1)損益分岐点比率、(2)所得弾力性──の2指標を用いた。(1)損益分岐点比率とは、各企業が固定費を吸収するために必要な「損益分岐点売上高」を算出し、現在の売上高で除したもの。一方、(2)所得弾力性とは、消費者所得が1%変動した場合に各商品への支出額が何%変動するかという「感応度」を指す。所…

    残り898文字(全文1251文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット