投資・運用コロナ相場に勝つ日本株

業種別 強い銘柄・弱い銘柄 (6)建設・不動産 ゼネコン大手4社は堅調 TKPはレンタルオフィス=溝口陽子

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、ついに東京オリンピック・パラリンピック開催の1年延期が決定した。ゼネコンが五輪景気の中で受注した工事はおおむね終盤であり、当面の業績への影響は小さいものの、長期戦の様相を呈してきた感染対策の自粛が長引けば、景気の悪化が強まり、建設業の受注への影響が懸念される。

     都心の一等地に不動産を保有する大手不動産会社は空室率の低下を追い風に、新たな大規模再開発計画を発表してきた。しかし、景気のけん引役を担うインバウンド(訪日客)の回復が遅れれば、実行が見送られることも考えられる。今のところ五輪後の再開発事業で、ゼネコンとの契約が済んで具体的に動き出していたのは、森ビルが参画する虎ノ門・麻布台プロジェクトにとどまる。

    残り883文字(全文1211文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事