投資・運用コロナ相場に勝つ日本株

業種別 強い銘柄・弱い銘柄 (7)鉄鋼・非鉄 東鉄など電炉に好機 高炉3社は逆風続く=編集部

    (注)HDはホールディングス。年初来株価騰落率、PBRは4月3日現在 (出所)編集部作成
    (注)HDはホールディングス。年初来株価騰落率、PBRは4月3日現在 (出所)編集部作成

     鉄鋼株は景気に敏感で中国の動向にも左右されやすい。コロナショックで大口需要家となる自動車の生産台数が急失速していることも嫌気され、株価純資産倍率(PBR)で1倍を割る銘柄が続出している。

     鉄鋼株で、投資妙味があるのが電気炉メーカー最大手の東京製鉄だ。電炉は鉄スクラップを溶かし、建材となる鋼材を主に生産する。自動車減産の影響は受けにくい。

     コロナショックへの緊急経済対策で公共事業が増えれば、東鉄のような電炉メーカーが最も恩恵を受ける。今でこそ建設案件は低調だが、電炉が原料として購入する鉄スクラップも値下がりし、マージンは悪化しにくい。

    残り926文字(全文1196文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事