経済・企業コロナ首都封鎖で沈む・浮かぶ企業

倒産 コロナ・高齢化・後継者難の三重苦 長期化すれば、大企業も危険=丸山昌吾

    (出所)帝国データバンク
    (出所)帝国データバンク

     国内で真っ先に影響を受けた業界は、これまでインバウンド(訪日客)需要の恩恵を受けていた業界だ。帝国データバンクが毎月行っている景気動向調査では、昨年から米中貿易摩擦や中国経済の減速などを背景に景況感は弱含みに推移してきた。それが、2月調査では景況感の悪化が加速。景気DIは判断の分かれ目となる50を大きく下回り38・7まで悪化(前月比3・2ポイント減)、7年ぶりに40を下回り、直近の3月調査では、実に32・5まで低下した。

     なかでも、景況感の悪化が目立ったのは旅館・ホテル業界だった。日韓問題で韓国からの訪日客が減少し、一時に比べて景況感が悪化していた中で、2月調査時点では旅館・ホテルの景気DIは23・2となり前月から15・3ポイント悪化、全業界で最も悪化幅が大きかった。

    残り2434文字(全文2773文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット