経済・企業コロナ首都封鎖で沈む・浮かぶ企業

コロナ拡大で増益・業種別  「製薬」ダントツ、「食品・飲料」も=ゼノデータ・ラボ/編集部

    詳しくはこちら

     ゼノデータ・ラボは、新型コロナウイルス感染拡大で増益可能性の大きい業種を独自開発AI(人工知能)「ゼノブレイン」で算定した。減益可能性の業種別ランキング(18~19ページ)より業種別スコアの絶対値が小さく、この局面での増益がいかに難しいかを物語る。

     1位は他を大きく引き離して「製薬」だった。構成企業のうち、富士フイルムホールディングス(HD)は傘下の富士フイルム富山化学が開発した抗ウイルス薬「アビガン」について、コロナ患者への治験を日本と米国で実施、あるいは実施予定…

    残り365文字(全文608文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット