経済・企業大予測 コロナ経済&マーケット

激動マーケット6 銅に供給過剰リスク 価格低迷続く 感染終息後に急騰も=新村直弘

採掘現場での感染拡大防止のため、銅は供給量も減っている(Bloomberg)
採掘現場での感染拡大防止のため、銅は供給量も減っている(Bloomberg)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、世界的に広がる経済封鎖の動きが、銅の価格を押し下げている。銅は電線やリードフレームとして自動車や産業機械、住宅といった景気を左右する業種に幅広く用いられるため、その価格動向が景気動向の指標として注目されている。今回、特に大きいのは、世界消費シェアの5割を占める最大消費国である中国の大規模封鎖の影響だ。コロナショックで、世界の銅需給バランスは過去最大の「供給過剰」になると予想される。

 銅価格は年初、米中通商交渉の妥結への期待感から上昇傾向にあった。だが、1月上旬から中国での感染拡大が深刻であることが伝えられると、国際指標となるロンドン金属取引所(LME)の3カ月先渡し価格は1トン=6000ドル台から5500ドル台まで値を下げた。中国の新規感染者数の減少が確認されたことで一時的に値を戻すが、中国春節の1カ月後から日本を含む諸外国で感染例が増加し始めると、4月中旬あたりから再び価…

残り863文字(全文1274文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事