マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 「コロナ後」見据え二極化する市場=三宅一弘

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     今後の世界株を占う上で、大流行の新型コロナウイルスの動向が焦点だが、時間軸でみると大きく三つに分けられよう。第一が世界的な感染拡大期である。特効薬がない新型コロナを抑制するため、各国とも都市封鎖など人の接触や移動を厳しく制限する。それによって経済活動が極度に落ち込むため、過去最大規模の金融・財政政策、「止血策」を打ち出す。現状はこのあたりにある。

     第二が感染抑制期である。対策が功を奏して感染拡大が沈静化に向かうが、感染再燃懸念があり、非接触型の抑制的な経済活動が継続する。政策面では止血策の継続とともに、需要刺激の「造血策」も打ち出される。低操業の「コロナとの共生期」になるが、長引けば、高失業や倒産増加、脆弱(ぜいじゃく)国の財政破綻懸念が高まるだろう。第三がワクチンや特効薬が開発される克服期。いわば「ポスト・コロナ」だ。経済活動は本格再開…

    残り486文字(全文861文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事