マーケット・金融THE MARKET

ドル・円 ドル安圧力高まる=高島修

     3月中旬の意表をついたドル高の後、為替は方向感を欠く。3月は新型コロナウイルスに絡んで経済環境の不透明感が増す中、世界的に企業や投資家が手元資金拡充のためにドル資金の調達を急いだ。これにより著しいドル不足が発生したが、米連邦準備制度理事会(FRB)と日銀など各国中銀が連携したドル資金供給オペを行い沈静化させた。

     また比較的珍しい現象だが、3月上旬までの世界的な株価急落の結果、年金ファンドなど国内外の長期投資家の間にリバランスと呼ばれる、資産配分を一定に保つための投資資産の組み直しが行われ、時価総額の大きい米株市場へ大量の資金が流入した。

    残り154文字(全文426文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事