マーケット・金融THE MARKET

NY市場 不安定な相場はしばらく継続か=小林正和

     4月中旬において米株式相場は急落後の戻り歩調が続いている。米ダウ工業株30種平均は3月23日に年初来安値を付けてから急反発し、4月14日に2月の過去最高値から3月の年初来安値までの下落幅の半分以上を取り戻す半値戻しを達成した。

     株価の急反発は米連邦準備制度理事会(FRB)による迅速かつ大胆な緩和政策によるところが大きい。

     4月9日、FRBは総額2.3兆ドルの資金供給策を公表。条件付きながら「投機的等級」企業の社債購入を可能にするなど一歩踏み込んだ支援策を講じたことで、米景気の支えになるとの見方が広がっている。

    残り213文字(全文471文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事