経済・企業大予測 コロナ経済&マーケット

混迷経済2 米国成長の「壁」 「7~9月期改善」の鍵握る580兆円の低格付け債=青木大樹

    失業保険の申請が急増している(米国アーカンソー州労働力センター前で並ぶ人々)(Reuters)
    失業保険の申請が急増している(米国アーカンソー州労働力センター前で並ぶ人々)(Reuters)

     今後数カ月で米国の失業率は、1929~39年の大恐慌以来の上昇となりそうだ。各州で外出規制・移動制限といった経済封鎖が実施されて以降、米国の新規失業保険申請件数は桁外れに増加している。

     3月21日までの週で330万7000件と、リーマン・ショック時の最高値69万5000件を大きく上回り、翌週以降も687万件、661万件、525万件と、著しい高水準で推移している。

     新規失業保険申請件数は、米国では雇用統計に2~3カ月先行して動くとされる。したがって、今後の経済指標は相当悪い数値が続きそうだ。米国雇用はこの数カ月で1500万~2000万人程度減少することが見込まれ、米国失業率は15%程度まで上昇していく可能性が高い。

    残り1848文字(全文2159文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事