経済・企業大予測 コロナ経済&マーケット

混迷経済3 欧州マイナス成長 若者の5割失業のスペイン イタリアに債務危機の火種=土田陽介

    スペイン中央銀行付近の広場にある感染防止情報(Bloomberg)
    スペイン中央銀行付近の広場にある感染防止情報(Bloomberg)

     スペインの首都マドリードにある巨大施設「マドリード見本市会場」は3月下旬、新型コロナウイルス感染者を受け入れる病院に変わった。感染拡大の広がりを受け、政府は3月13日に非常事態を宣言、厳しい外出制限を適用し、商業施設は食料など生活必需品を除き閉鎖が続いている。

     経済に占める観光産業の比率が世界で2番目に高いスペインでは、雇用悪化が深刻化している。3月の登録失業者数(失業保険の申請者数)は354・8万人と1カ月で30・2万人も増加した(図1)。リーマン・ショック時よりも状況は深刻と、現地紙『エル・ディアリオ』などは衝撃的に報じている。

    残り2101文字(全文2371文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事