マーケット・金融大予測 コロナ経済&マーケット

急変不動産1 Jリートは割安 有望は高配当ETF ホテル・オフィス失速=関大介

五輪需要が期待されていたが……(東京・台場)
五輪需要が期待されていたが……(東京・台場)

 東京湾岸エリアの大型ホテル「ヒルトン東京」などを保有するジャパン・ホテル・リート投資法人(JHR)は3月25日、2020年12月期の業績予想を「未定」に修正した。五輪延期だけでなく、新型コロナウイルスの影響によりインバウンド(訪日客)などの宿泊需要が急減したためだ。

 JHRを含めホテル系銘柄は、ホテルの収益によって変動する支払い賃料の営業収益(売上高に相当)に占める割合が高い。このため日本版不動産投資信託(Jリート)の中ではホテル系銘柄は収益変動幅が大きい分野だ。新型コロナウイルスの影響がJリートの業績に既に悪影響を与えている端的な事例と言える。

 Jリート価格(株価)にも悪影響が出ている。19年以降の価格は、米国債利回りの低下により、利回りを求める投資家層の拡大で上昇してきた。代表的な東証REIT指数は20年2月20日にはリーマン・ショック後の高値2250ポイントを付けた。

残り899文字(全文1292文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事