投資・運用大予測 コロナ経済&マーケット

急変不動産2 投資のタイミング 空室増のオフィスに試練 マンションは買い控え=鈴木英晃

    大阪では商業施設の賃料が下落(コロナショック前のミナミの戎橋ビル前)
    大阪では商業施設の賃料が下落(コロナショック前のミナミの戎橋ビル前)

    オフィス

     東京のオフィスビル市況は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、年内にピークアウトする可能性があるとみる。全都道府県で外出制限や在宅ワークへの要請が広がり、経済活動への影響が懸念され始めているためだ。

     テナント企業の多くは、すでに支出削減と人員拡充計画の凍結を決定し、移転計画や内覧の取りやめが広がっている。コワーキングやサテライトオフィスなど短期リース契約は即座に影響を受けた。そのため、リーシング(賃貸)活動が大きく減速している。

     2018〜20年に懸念された新築オフィス大量供給は、テナント企業関連の移転・拡張やコワーキング企業出店競争などに下支えられた。その結果、新築オフィスは8〜9割の竣工前内定率を持って市場に供給されてきた。一方でそれら新規供給ビルへ移転するテナント企業がもらたす「待機2次空室」ベースでみると、空室率は既に3%超と上昇基調であった。

    残り1909文字(全文2294文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事