教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

首都直下地震のリスク 大火災とパニック防止がカギ/2

    (出所)内閣府の資料を基に筆者作成
    (出所)内閣府の資料を基に筆者作成

     前回は首都直下地震の起きる時期と場所について解説したが、今回は被害を「減災」する事業継続計画(BCP)を二つのポイントに絞って考えよう。国の中央防災会議は 、最悪のケースでは犠牲者2万3000人、全壊または焼失する建物は61万棟にのぼると想定し、経済的損失は間接的な被害も合わせると95兆円にもなるとしている。

     BCP一つ目のポイントは、直下型地震の後に必ず起きる大規模火災である。1923年に起きた関東大震災では、犠牲者10万人のうち9割が火災により亡くなった。高層ビルが多い都心部では、ビル風によって竜巻状の炎を伴う「火災旋風」が次々と発生し、地震以上の犠牲者を出す危険性がある。最悪のケースでは首都直下地震の犠牲者2万3000人のうち火災による犠牲者が7割に達するのだ。

    残り953文字(全文1292文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月1日号

    需要大爆発 半導体 メタバース、グリーン、デジタル14 業界予測超える新次元成長 日本の期待は装置・材料 ■村田 晋一郎/斎藤 信世17 需要が爆発 世界的なデジタル、グリーン化 ■南川 明20 不足解消は? 最短22年春も常態化の懸念 ■戸澤 正紀21 インタビュー 貝沼 由久 ミネベアミツミ会長 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事