教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

首都直下地震のリスク 大火災とパニック防止がカギ/2

(出所)内閣府の資料を基に筆者作成
(出所)内閣府の資料を基に筆者作成

 前回は首都直下地震の起きる時期と場所について解説したが、今回は被害を「減災」する事業継続計画(BCP)を二つのポイントに絞って考えよう。国の中央防災会議は 、最悪のケースでは犠牲者2万3000人、全壊または焼失する建物は61万棟にのぼると想定し、経済的損失は間接的な被害も合わせると95兆円にもなるとしている。

 BCP一つ目のポイントは、直下型地震の後に必ず起きる大規模火災である。1923年に起きた関東大震災では、犠牲者10万人のうち9割が火災により亡くなった。高層ビルが多い都心部では、ビル風によって竜巻状の炎を伴う「火災旋風」が次々と発生し、地震以上の犠牲者を出す危険性がある。最悪のケースでは首都直下地震の犠牲者2万3000人のうち火災による犠牲者が7割に達するのだ。

残り953文字(全文1292文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事