週刊エコノミスト Online鎌田浩毅の役に立つ地学

産業の「ビタミン」 レアメタルが偏在するワケ/3 

    中国で作られたネオジムのインゴット (Bloomberg)
    中国で作られたネオジムのインゴット (Bloomberg)

     鉱物資源が世界のハイテク産業に大きな影響を与えている。いま話題の電気自動車(EV)など次世代自動車には多種類の希少金属(レアメタル)が使われるが、その安定供給には課題が山積している。今回は「産業のビタミン」と呼ばれるレアメタルの地学を見ていこう。

     レアメタルはその名の通り埋蔵量が少なく、ハイテク製品に不可欠な金属を指す。クロム、マンガン、インジウムなど30元素と、レアアース(希土類)一つを合わせた31種類の金属が、経済産業省によってレアメタルと定義された。このうちレアアースは17元素の総称で、レアメタルでは1種類とカウントされる。化学的な性質が類似するため、レアメタル一つとして扱われる。

     レアアースの中身は、ランタン、ネオジムなどランタノイドと呼ばれる15元素に、イットリウム、スカンジウムの2元素を加えた合計17元素である。世の中にはレアメタルとレアアースは異なる物質のような誤解があるが、レアアースはレアメタルの一部なので、一緒に理解すればよい。いずれも合金や触媒の添加物として必須の物質で、「産業の生命線」を握っていると言っても過言ではない。

    残り856文字(全文1336文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事