投資・運用プロに学ぶ コロナを乗り切る 投資術&ファンド

コロナ後を見据えて社会課題に向き合う=村田晋一郎/吉脇丈志

    (注)2020年3月末時点、純資産総額1億円以上。AMはアセットマネジメントの略。▲はマイナス。「騰落率」で運用期間が各年限に満たない場合は空欄 (出所)楽天証券経済研究所
    (注)2020年3月末時点、純資産総額1億円以上。AMはアセットマネジメントの略。▲はマイナス。「騰落率」で運用期間が各年限に満たない場合は空欄 (出所)楽天証券経済研究所

    詳しくはこちら

     投資信託協会によると、2020年3月の公募投信の純資産総額は前月比9兆5124億円減の106兆4000億円となり、リーマン・ショック以来の大規模な減少となった。一方で、この下げ相場を絶好の買い場と見る個人投資家も多く、資金流入が続いている。公募投信の20年3月の資金動向は1兆1923億円の純資金流入で、過去最長となる35カ月連続の流入超過となっている。ETF(上場投資信託)を除く公募株式投信で見ても、3223億円の純資金流入があり、3カ月連続の流入超過となっている。 特集:プロに学ぶ コロナを乗り切る 投資術&ファンド

     この流れを反映し、SBI証券や楽天証券など、ネット証券の口座開設が増えている。楽天証券では口座開設者のうち、投資初心者の割合が16年の6割から20年3月には7割にまで拡大しているという。

    残り1890文字(全文2254文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事