投資・運用プロに学ぶ コロナを乗り切る 投資術&ファンド

農林中金バリューインベストメンツ 奥野一成・常務取締役CIO コロナの下落局面は絶好の買い場だ

    奥野一成氏 農林中金バリューインベストメンツ常務取締役CIO
    奥野一成氏 農林中金バリューインベストメンツ常務取締役CIO

     <達人に聞く「コロナ相場の乗り越え方」>

    詳しくはこちら

     当社の投資哲学は、「一度買ったら売らずにすむ企業」に投資し、長期的な収益を目指すものだ。これは、ウォーレン・バフェット氏が言う「良い企業のオーナーになる」と同様のものだ。投資対象が「構造的に強靭(きょうじん)な企業」であることを重視している。具体的には、(1)世の中にとってなくてはならない付加価値の高い産業でビジネスをしているか、(2)その分野で圧倒的な競争優位性を持っているか、(3)人口動態などの長期的な潮流に乗っているか──を見ている。

     この3点に集中し、機関投資家向けに2007年から日本株、12年からは米国株の運用を開始した。ファンドの運用残高は19年12月末時点で日本株が2115億円、米国株などのグローバルファンドは828億円で、それぞれ年率15%(09年1月〜19年12月)、同12%(14年9月〜19年12月)の利回りを達成している。

    残り890文字(全文1296文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事