教養・歴史新型コロナ総点検

新型コロナQ&A

    詳しくはこちら

     Q1 インフルエンザと比べた特徴は?

     A 新型コロナの潜伏期間は最長で14日。インフルエンザの潜伏期間は最長で5日。インフルエンザのほうが感染してから実際に症状が出るまでの潜伏期間が短く、新型コロナよりも感染拡大が進みやすい。

     一方でインフルエンザが重症化する割合は高くても1割未満とみられているが、新型コロナは2割が重症化するといわれる。死亡率も新型コロナのほうが高い。新型コロナの致死率は、これまでのところ約0・66%(医学誌『ランセット』で発表された推定値)とみられるが、インフルエンザの致死率は0・1%程度だ。

    残り2406文字(全文2673文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月31日号

    超円安サバイバル14 際立つ「円」の激安感 先進国で最下位クラス ■梅田 啓祐/斎藤 信世17 独自ルポ 円安見聞録 製造業「正直困る」 タイでは「円買いだめ」 ■梅田 啓祐/斎藤 信世20 円安めぐり「ズレ」 選挙へ円安止めたい政府 日銀は円安辞さず ■熊野 英生23 首相の言動におびえる「岸り人 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事