教養・歴史歴史でわかる経済危機

「庚子年」の中国 大乱の“60年周期”説 大変革を準備する危機=加藤徹

 60年に1度の庚子(かのえね)の年に、歴史の流れを変える出来事が起きる──。中国史には「庚子大乱」の不吉なジンクスがあり、2020年はちょうど庚子の年に当たる。もちろん、ジンクスなので科学的根拠はない。

 西暦220年の庚子の年、『三国志』の英雄・曹操(そうそう)が亡くなり、後漢が滅亡した。中国版「パクス・ロマーナ」は終わり、400年の長きに及ぶ乱世が幕をあけた。

 近世でも1840年、アヘン戦争が勃発。中国が西洋列強に屈する「屈辱の百年」が始まった。

残り880文字(全文1107文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事