経済・企業歴史でわかる経済危機

コロナ禍のEU 強まる分断の“遠心力” 統合史上最大の危機=庄司克宏

    統合の拡大・深化か後退かの岐路に立たされている(Bloomberg)
    統合の拡大・深化か後退かの岐路に立たされている(Bloomberg)

     国際通貨基金(IMF)が4月14日に公表した2020年の成長率予測では、ユーロ圏がマイナス7.5%と世界で最も低い数値であった。欧州連合(EU)は平時に機能する想定で制度設計される一方で、非常時にはEUに代わって加盟国が協調して動く仕組みになっている。そのため、10〜12年の欧州債務危機やその後の難民危機で見られたように、共同歩調を取るのが難しい。

     今回の新型コロナウイルスの感染拡大では、EU単一市場で各国がばらばらに移動制限、入国禁止、国境封鎖などの措置を取ったため、物資輸送やサプライチェーンが分断された結果、厳しい経済状況につながっている。債務危機や難民危機に続くコロナ禍により、加盟国内でEUへの求心力が失われており、第二次世界大戦後に始まった欧州統合の歴史上、最大の危機に見舞われていると言ってもいい。

    残り1227文字(全文1586文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事