経済・企業歴史でわかる経済危機

繰り返す新興国危機 資金の逆流が招くデフォルト 1820年代の中南米が起点=上川孝夫

    デフォルトが危ぶまれ、通貨安も進むアルゼンチン・ペソ(Bloomberg)
    デフォルトが危ぶまれ、通貨安も進むアルゼンチン・ペソ(Bloomberg)

     新型コロナウイルスの感染拡大で、新興国からの資金流出が止まらない。世界の大手金融機関で作る国際金融協会(IIF)は4月9日のリポートで、3月だけでリーマン・ショック直後(2008年10月)を超える830億ドル(約9兆円)が流出し、年間では2160億ドル(約23兆円)に達すると推計した。国際通貨基金(IMF)は4月20日、加盟189カ国のうち半数以上の103カ国から融資の申請を受けていると明らかにした。新興国に危機の足音が近づいている。

     19世紀以降の歴史をたどると、先進国の金利が低下して周辺国への資金流入が急増した後に、資金が流出へと転じ、周辺国が対外債務のデフォルト(債務不履行)に至る、ということを繰り返してきた。

    残り1750文字(全文2063文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事