週刊エコノミスト Online深層真相

コロナ対策の吉村知事 視線の先に「都構想」

吉村洋文 大阪府知事
吉村洋文 大阪府知事

 現時点での新型コロナウイルス対策で、最も注目を集めている首長は大阪府の吉村洋文知事=写真=だろう。府が5月5日に発表した休業や外出自粛の要請を段階的に解除する独自の「出口戦略」では、緊急事態宣言の延長を受け、「国が示さないから、大阪モデルを決める」と発言。不快感を示した西村康稔経済再生担当相とのさや当ても話題に。

 一方の大阪市。松井一郎市長は市民病院の新型コロナ専門病院化や防護具の代替品として「雨がっぱ」を募って、病院への配布を実施したが、賛否は分かれる。情報発信を府に一元化している上、経済戦略では独自施策も打ち出していないため、府よりはるかに豊かな財源があるにもかかわらず、大阪市に政令市としての存在感はほとんどない。

残り152文字(全文466文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事