経済・企業コロナ危機の経済学

予算 経済ダメージは小さくできる 感染症対策に1兆円使えば結果は違う=原田泰

    重症患者に必要なのは集中治療室(Bloomberg)
    重症患者に必要なのは集中治療室(Bloomberg)

     コロナの経済的な影響は大恐慌以上になるという説がある。これは大げさだと思うが、日本の民間エコノミストの予想(ESPフォーキャスト調査、5月14日発表)の平均では、2020年度の実質国内総生産(GDP)成長率はマイナス5・39%である。コロナの経済的損失はGDP554兆円(19年)の5・39%、ざっと29・9兆円ということになる。

     さらに、コロナ対策の20年度補正予算は、事業規模117兆円、一般会計総額が約25・7兆である。事業規模は水増しされているとしても、25・7兆円の予算を使えば、コロナの経済コストは両者の合計55・6兆円である。

    残り2192文字(全文2463文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事