教養・歴史コロナ危機の経済学

哲学 カミュ『ペスト』の抽象に似ろ ハラリが警戒する「全体主義」=小川仁志

     コロナ危機はたしかに未曽有の危機だが、何もかもが新しいというわけではない。よくいわれるように、人類の歴史は、それこそウイルスとの戦いの歴史であったといっても過言ではないからだ。近世以降だけでも、14世紀のペスト、20世紀初頭のスペイン風邪、21世紀初頭のSARS(重症急性呼吸器症候群)など、人類は何度もウイルスに襲われてきた。

     そしてその都度、科学だけでなく、あらゆる分野の学問がこの問題に対峙(たいじ)してきた。哲学も例外ではない。本誌の連載(4月28日号)で紹介したカミュの『ペスト』がその典型だろう。この作品でカミュは、第二次世界大戦を念頭に置きつつも、直接的にはペストを題材にして、不条理を乗り越えるための哲学を世に問うた。

    残り2429文字(全文2747文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    1月25日号

    投資、保険、相続まで お金の王道Q&A16 「資産形成」を高校家庭科で 大人も人生を考える好機に ■中園 敦二18 インタビュー 村上世彰氏 投資家「お金は道具、決めるのは自分 それを伝えるのが金融教育」 19 Q1 「投資」と「ギャンブル」の違いは? お金を投じる目的で考える ■愛宕 伸康 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    編集部からのおすすめ

    最新の注目記事