国際・政治コロナ危機の経済学

民主主義 増えるフェイクニュース 問われる情報の見極め力=福田直子

    強行統治で知られるハンガリーのオルバン首相 (Bloomberg)
    強行統治で知られるハンガリーのオルバン首相 (Bloomberg)

     ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などインターネット上では、新型コロナウイルスによるパニックにつけ込むように、フェイクニュースなどの「ディスインフォメーション」の活動が活発化している。

    世論のかく乱を狙う

     ディスインフォメーションとは、国家や企業、特定の個人などの信用失墜を目的に故意に流す虚偽の情報を意味する。SNSの普及で簡単に情報が拡散されるようになったことで、近年はネット上でのディスインフォメーション活動が現実社会にも大きな影響を与えるようになっている。

     4月20日付の欧州連合(EU)の報告書によると、中国、ロシア、イランがネットを利用し、「欧州諸国に不安を広げ、自国に有利になるようなフェイクニュースや陰謀論を入念に練った上で拡散させている」という動きがあると指摘している。

    残り2069文字(全文2420文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事