経済・企業指標で先読み米国経済

FRB資産規模 「バブル化の圧力測る」 膨張は米株過熱のトリガー=斎藤満

    パウエルFRB議長を難題が待ち受ける(Bloomberg)
    パウエルFRB議長を難題が待ち受ける(Bloomberg)

     近年株式市場では、「業績相場」よりも、金利低下やマネーのだぶつきによる「金融相場」が多く見られる。時には、景気や業績の悪化が追加の金融緩和期待を呼び、株価を押し上げることさえある。実際、米国では株価と金融、とりわけ中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)の資産残高との相関性が強い(図)。FRBが資産を買い入れ、より多くの流動性を市場に供給することで株価を押し上げてきたのだ。

     もっとも、時に金融緩和が行き過ぎ、バブルが膨らみ、はじけると、改めてそれをカバーしようとして一段の金融緩和がなされる。まさに金融緩和とバブルの繰り返しだ。

    残り871文字(全文1140文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事