経済・企業指標で先読み米国経済

住宅投資 「個人消費に影響」 持ち家価値の下落が深刻な消費冷え込み招く=荒武秀至

豊かさの象徴だったが……(Bloomberg)
豊かさの象徴だったが……(Bloomberg)

 米国の住宅着工件数は、今年1月の年率161万件をピークに急落した。住宅投資は米国経済の3%しかないので、69%を占める個人消費、14%の設備投資と比べ軽視されやすい。

 しかし、(1)景気の先行性、(2)金融危機の引き金、(3)個人消費への影響──という3点から経済予測には欠かせない重要項目だ。

元々減っていた新築

 まず、「景気の先行性」に着目すると、過去は、景気後退に入る1年ほど前に住宅着工件数がピークアウトしている。今回も1月に住宅着工件数がピーク、2月に株価がピークを付けると、3月から景気は急激に悪化した。10年以上も拡大を続けてきた住宅投資だが、今後は循環要因でも構造要因でも下押しが予想される。

 次に「循環要因」として、住宅ローン金利の低下は追い風だ。30年固定金利は歴史的低水準の3・2%まで低下している。しかし、他の循環要因である雇用・所得の悪化、住宅価格の下落見通しから住宅の買い控えが起こるだろう。米連邦準備制度理事会(FRB)は平均住宅価格と賃料の比率を公表しているが、ここ5年は1980年代からの長期トレンドを上回り、住宅価格に割高感、賃料に割安感が出ている。住宅購入へ踏み切るタイ…

残り1705文字(全文2209文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事