経済・企業指標で先読み米国経済

総点検! グラフが語る米国景気=荒武秀至

    (注)直近値は景気先行・一致指数は2020年4月、S&P500は2020年5月15日 (出所)コンファレンスボード、S&Pより三菱UFJ国際投信作成
    (注)直近値は景気先行・一致指数は2020年4月、S&P500は2020年5月15日 (出所)コンファレンスボード、S&Pより三菱UFJ国際投信作成

     <テーマ1>先行指標

    コンファレンスボード 景気先行指数 「景気の山」に半年先行

     民間調査機関コンファレンスボード(全米産業審議会)は毎月15営業日に前月の景気先行指数を発表している。景気への先行性が高い新規受注、新規失業保険申請件数、週平均労働時間、建設許可件数など七つの経済指標に加え、10年国債から政策金利(FF金利)を引いた長短金利差など三つの金融指標も含め、10の指標を合成した指数だ。先行性に劣る場合には、適宜、採用する指標を入れ替えて、予測精度を高めている。

     景気先行指数は、景気後退が始まる「景気の山」に半年以上先んじて低下し始める傾向がある。過去には、生産・雇用・所得・売り上げの4指標から合成される一致指数を、先行指数が下回る「デッドクロス」になると景気後退のシグナルとなった。また、株価がピークをつける前に景気先行指数の頭が重くなりやすい傾向にある。

    残り2570文字(全文2956文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事