国際・政治指標で先読み米国経済

ISM指数 「企業景況感を速報」 米国の製造業不況 「コロナ前」に顕在化=馬渕治好

    製造現場はひっそり
    製造現場はひっそり

     米国で注目度が高い経済統計の一つであるISM指数は、ISM(Institute for Supply Management=全米供給管理協会)が算出する、「企業の景況感」を表す指数だ。

     ISM指数が重視される理由はいくつかある。企業の景況感は企業活動を通じて、景気に影響を与える。また、景気の良しあしの判断材料は、現場で活動する企業の声が反映されると信頼性が増す。加えて、ISM指数は、公表が早い。直近4月分のISM製造業指数は5月1日に、非製造業指数は5日に発表されており、速報性が高い。

     発表元のISMは企業の購買調達担当者から構成される非営利の団体だ。彼らは部品や原材料などの安定的な調達先を確保し、できるだけ安価で購入することが求められる。原材料や部品、製品の価格動向に敏感で先行きが読めなければならない。そうした資質を磨くためのセミナーや教材の提供もISMが手掛けている。

    残り1890文字(全文2282文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事