国際・政治指標で先読み米国経済

企業向け貸し出し 「資金繰り需要を反映」 政策後押し30%増=丸山義正

停滞した経済に資金を注入しているが… (Bloomberg)
停滞した経済に資金を注入しているが… (Bloomberg)

 米連邦準備制度理事会(FRB)の調査によると、商業銀行の「企業向け貸し出し」が急増している。5月13日時点で前年同期比30・98%も増えた。3月初めは2%に満たない伸びだった。

 FRBによる貸し出し担当者調査(3カ月ごと)でも資金需要の高まりが報告された。資金需要DI(増加マイナス減少)は「大・中堅企業向け」が1月発表のマイナス11・1から4月発表ではプラス7・6へ、「中小企業向け」もマイナス11・4から0へ上昇した。貸し出し増加の主因は「コロナ禍」だ。ロックダウン(都市封鎖)により売上高が急減、資金繰りに窮した企業が融資を求めて金融機関に駆け込んだ。

 米政府やFRBによる支援策も貸し出し増加を後押ししている。政府は中小企業向けに、災害ローンと「PPP」と呼ばれる給与保護プログラムを金融機関を通じて提供している。目玉はPPPだ。給与支払いを支援する仕組みで、条件を満たせば返済義務はない。

残り790文字(全文1190文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事