マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む 相場に勢い、デジタル革命に期待=秋野充成

    (出所)ブルームバーグより編集部作成
    (出所)ブルームバーグより編集部作成

     人類は新型コロナウイルスの脅威を克服することができる。都市封鎖(ロックダウン)などによる世界経済の停滞も一時的な現象であり、長期にわたる景気の下振れは回避されることは、頭では理解できたとしても現状の株価水準は大方の想定をくつがえした高みにある。

     足元の力強い上昇相場が続いている背景は、コロナショックを受けて各国中央銀行が積極的な金融緩和を実施し、米国ではグロース(成長)株を中心に過剰流動性が株価を押し上げている。米株式市場の史上最高値更新はそう遠くなく、日経平均株価も今年2月の水準、2万3000円台回復が視野に入ってきた。

     ただし、現状の強気相場は単なる過剰流動性相場ではないと考える。2000年代を通じて「デジタル革命」が進行し、近年においてはAI(人工知能)やビッグデータ、ロボティクスを活用した「第4次産業革命」の真っただ中にあるが、今回のパンデミックは、この社会・経済構造の変化を大きく加速させる。

    残り430文字(全文837文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月9日号

    最強の米国株&経済16 ダウ3万8000ドルの声も 「買い参戦」する日本の個人 ■市川 明代/白鳥 達哉18 米国株 注目の30銘柄 宇宙旅行やアフリカ版「アマゾン」 ■岡元 兵八郎21 まだある注目銘柄 身近なアップル、ディズニー 国策のテスラやネクステラ ■佐藤 一樹25 ネット証券で買う 定額 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事