投資・運用コロナデフレの恐怖

主要30社「景気とデフレ」緊急アンケート=編集部

    詳しくはこちら

    詳しくはこちら

     <コロナデフレの恐怖 第2部>

     編集部は、コロナショックが物価と日本経済にどのような影響を及ぼすのか、国内外の主要調査会社、金融機関計30社に緊急アンケートを実施した。

    「コロナショックはデフレ要因か、インフレ要因か」との設問に対しては、未回答の1社を除く29社のうち、19社がデフレ要因になると回答した(表1)。外出規制や営業自粛により、サービス業での需要が急減し、「需要不足」からデフレ圧力が高まるとの見方が大半を占めた。資源・エネルギー価格の低迷もデフレを加速するとの指摘も多かった。

     一方で、デフレと同時にインフレ要因になるとの見方も9社あった。「感染防止策を講じつつの経済活動再開となるため、経済資源をフルに活用できず、供給制約が生じてインフレ要因になる」(JA共済総合研究所)。新興国については、「財政不安がインフレを引き起こす」(明治安田総合研究所)、「通貨が大幅に減価し、(不況下でインフレが起こる)スタグフレーションのリスクも」(BNPパリバ証券)との見方も。将来的には「…

    残り732文字(全文1191文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット