マーケット・金融THE MARKET

東京市場 ストラテジストが読む FA関連株好調、導入加速へ=藤戸則弘

     ファクトリーオートメーション(工場自動化・省力化=FA)関連株が好調である。世界は、ようやく手探りで経済活動が再開したばかりだが、主力のFA関連株は、史上最高値を更新する銘柄が続出している。FA化は、人件費の上昇に対する効率化の象徴として、「コロナ前」から大きな潮流となっていた。そこに、新型ウイルスの蔓延(まんえん)で、「密接空間」を忌避する動きが加わり、FA導入の動きは今後、一段と加速するものと思われる。

     足元の設備投資動向は、コロナ禍でダメージを受け世界的に低迷。日本でも、設備投資の先行指標である工作機械受注は大きく落ち込んだままだ。しかし、もっとも早く工場が再稼働を開始した中国では、低迷が続いた新車販売台数が、5月には久しぶりに前年同月比11・7%増の回復を見せている。経済が正常化の道筋をたどれば、FA化の需要は膨大なものになろう。

    残り496文字(全文871文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット