マーケット・金融THE MARKET

NY市場 資金が逃げ場を探す展開=堀古英司

     5月末に米商務省が発表した4月の個人消費支出(PCE)は、新型コロナウイルスの感染拡大と外出禁止などの影響で、前月比13.6%減と、統計開始以来となる最大の落ち込みとなった。一方で個人所得は現金給付などで10.5%増と過去最大の伸びとなっている。外出禁止によって食品や生活必需品以外の目立った支出がなくなる中で、現金給付などで手元資金が増加している状況だ。

     更に3月以降の米連邦準備制度理事会(FRB)による積極的な金融緩和により、マネーサプライ(M1、現金通貨と預金通貨の合計)は10週間で22%増加し、空前の流動性供給となっている。新型コロナウイルスが終息に向かうにつれ、次第にマネーの価値低下を恐れた資金が逃げ場を探す展開が予想される。世界的にゼロ金利となって資金運用難となる中、逃げ場を探す資金は米国の株式市場に流入していくことになろう。

    残り108文字(全文482文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット