マーケット・金融THE MARKET

今週のポイント ユーロ圏PMI(6月23日) 景況感の底はいつか=高山武士

    (注)季節調整済み系列 (出所)IHSマークイット
    (注)季節調整済み系列 (出所)IHSマークイット

     6月23日に英IHSマークイットが月次の景況感調査である6月のユーロ圏PMI(購買担当者景気指数)速報値を公表する。ユーロ圏の政府統計は各国のデータを集計するため、公表までに時間を要するものが多いが、民間統計であるPMIは速報性に優れ、新型コロナウイルスによる影響とその後の回復度合いをいち早く知ることができる。

     欧州では新型コロナウイルスの新規感染者数や死亡者数は4月をピークに低下基調にある。こうした状況の中、5月以降は経済活動再開へ大きくかじを切っており、外出制限の緩和や域内国境の開放を段階的に実施している。

    残り360文字(全文619文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット