資源・エネルギー

コロナ危機下で加速する EU「持続可能な金融」の追求=金子寿太郎

    気候変動問題に伴う金融監督上のリスクについて最も早く警鐘を鳴らしたカーニー前イングランド銀行総裁(Bloomberg)
    気候変動問題に伴う金融監督上のリスクについて最も早く警鐘を鳴らしたカーニー前イングランド銀行総裁(Bloomberg)

     新型コロナウイルスが欧州で猛威を振るう中、環境問題を重視してきた欧州連合(EU)にもその余裕はなくなった、あるいは、経済活動の著しい停滞により二酸化炭素等の排出量が減っているため、気候中立化の緊要性が下がるのではないかなど、グリーンディール(環境問題や社会問題の是正を目指す)政策が鈍化するとの見方を耳にする。確かに、欧州委員会が今年中に予定しているグリーンディール関連作業の多くは、対応期限が1四半期後ずれすることになった(表)。

     しかし、対応期限の後ずれは状況の劇的な変化を正しく政策に反映するためである。グリーンディールの優先度が下がったためではない。むしろ、EU首脳や欧州委員会は、経済や社会の構造を見直せる今こそ環境対策や人権保護を実現する好機として捉え、「グリーン再生」というスローガンを掲げている。

    残り2376文字(全文2733文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事