国際・政治米中日韓半導体戦争

包囲網 米国の大義なき華為制裁 不動の中国の「技術覇権」=丸川知雄

    ファーウェイの高級スマホの広告。台湾からの半導体供給が止まれば苦境に。ベルギー・ブリュッセルで (Bloomberg)
    ファーウェイの高級スマホの広告。台湾からの半導体供給が止まれば苦境に。ベルギー・ブリュッセルで (Bloomberg)

     米トランプ政権によるファーウェイたたきは2018年8月に始まった。まず、国防権限法を使ってファーウェイを米国の通信インフラ市場から締め出した。同年12月には創業者・任正非氏の長女で、同社副会長でもある孟晩舟氏をイランへの不正輸出に関わる嫌疑で逮捕。19年5月には同社を輸出管理法の「エンティティーリスト(ブラックリスト)」に載せ、米国企業から部品やソフトを購入することを事実上禁じた。

     しかし、ファーウェイは打たれ強かった。米クアルコムのスマートフォン用半導体チップ(IC)を調達できなくなったので、子会社のハイシリコンでスマホ用ICを設計し、台湾積体電路製造(TSMC)に生産委託した。ソフトウエアでは米グーグルのOSアンドロイド上で動くアプリが使えなくなったので、ファーウェイモバイルサービス(HMS)という独自のアプリのエコシステム(技術的生態系)を構築した。

    残り1865文字(全文2249文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット